リウマチ症状
リウマチ症状
トップページリウマチはどんな病気リウマチはどんな病気

リウマチはどんな病気

リウマチはどんな病気

 

リウマチという病気を聞いたことがありますか?リウマチは毎年患者数が増えているといわれていて、今全国では100万人近い人がリウマチを患っているといわれています。リウマチの症状の特徴としては、朝起きたときに、体がこわばっていたり、関節が腫れていたりします。リウマチの症状は段階によって段々ひどくなっていきます。


後期のひどくなったリウマチの痛みは、リウマチにかかったことのある人出しかわからないほど痛くて我慢が出来ないくらいだそうです。リウマチがひどくなると手や足が変形してしまう人もいるようで、辛そうです。


リウマチの原因はまだこれといって特定できるものがなく、自己免疫力が関係しているのではないかとは言われているものの、それもまだ決まったわけではないみたいです。お年寄りだけがリウマチにかかると思っていたのですが、ホルモンのバランスを崩したりした若い女性も若年性リウマチにかかる例が増えているみたいです。自己免疫力が低下しているときに発症しやすく、なかなか治りにくいのがリウマチの主な特徴です。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔