リウマチ症状
リウマチ症状

リウマチの症状

リウマチ症状関連キーワード

リウマチ症状関連のキーワードを調べてみました。
こんなキーワードで検索されているんですね。

リウマチ 症状 9,001 回
関節リウマチ 症状 1,243 回
リウマチ 初期症状 1,048 回
関節リウマチ 初期 症状 131 回
リウマチ 似た 症状 106 回
慢性関節リウマチ 症状 72 回
リウマチ 膠原病 症状 47 回
リウマチ熱 症状 38 回
リウマチ 症状 特徴 33 回
リウマチ 自覚症状 31 回


リウマチとは?

リウマチとは?

 

リウマチというのは、手足をはじめとする、全身の関節がはれてしまってそれによって痛みを伴います。そして、手の指が思うように動かずに、こわばり、症状が進行すると、関節の形が変わってしまう怖い病気です。


リウマチには関節リウマチ以外にも、皮膚や肺などに症状が出て慢性化していく症状もあります。症状がどれくらいの速度で進むかは人によって違うのですが、リウマチは初期、中期などでも症状が違っています。


私のおばあちゃんも、リウマチで長い間苦しめられていましたね〜。痛くて床に座れないこともあって、椅子に座ったまま動けないこともありました。リウマチはお年寄りの病気だけだと思っていたのですが、実は若い人でも今、リウマチになる人はいるみたいですね。


よく温泉に行くのですが、リウマチにきく温泉もありますよね。リウマチはなった人でないとわかりませんが、症状によってはとっても辛そうなのでかわいそうです。リウマチは自己免疫が関係して起きるといわれていますが、その具体的な原因はまだ解明されていません。


リウマチの症状

リウマチの症状

 

リウマチの症状には、段階があるので段階ごとに紹介していきたいと思います。まず、リウマチの症状の初期の段階は、背中や肩、首などがこって、足がだるく感じたり、便秘になったりします。また、朝に目覚めたときに、体が重く感じたり、疲労感を感じたりします。手の症状としては、手がしびれたり、力を入れることが出来なかったり、手首が痛いと感じます。普段の生活の中では、雑巾がしぼれなくなったり、包丁をちゃんと握れなくなります。


リウマチの中期の症状としては、初期よりも痛みが強くなって、患部が腫れたり熱を持ったりします。足のリウマチの場合には、正座をすることが辛くなったり、手の場合だと、ボタンを留めることが出来なくなったり、足のむくみのせいで、靴が履けなくなったりします。


後期のリウマチの症状は、症状が重くなるにつれて、関節の形が変わってしまって、動かすことができなくなることもあります。日常生活を送る上で自分で思うように動けなくなってしまいます。


リウマチの初期の症状

リウマチの初期の症状

 

リウマチの初期の症状を紹介したいと思います。リウマチの初期の症状は、まず、体に感じる初期の症状としては、リウマチが原因になって、肩こりや首が凝ります。それによって頭痛がおきたりもしますし、体がだるいと感じることもあるようです。


そして、体がだるいだけでなく、足もだるいと感じるようになります。朝起きたとき、疲れが取れていないような疲労感を感じたり、体がだるくて起きるのが辛くなります。そして食欲も以前よりはなくなって、それによって、食べる量が減りますから便秘にもなってしまいます。


体にあらわれるリュウマチの初期の症状はこのような物なのですが、具体的な手のリウマチの症状としては、朝目覚めたときに、手がしびれていたり、力を入れたくても入れられなかったり、手がこわばってしまって動かすことが出来なくなります。


他にも、リウマチ特有の手首の痛みや、むくみも感じられます。リウマチの初期のこのような症状があらわれだすと、日常生活でも、手が痛くて、ぬれた布を絞ることが出来なくなったり、包丁を持つことが出来なくなります。


リウマチ熱の症状

リウマチ熱の症状

 

リウマチ熱の症状について紹介しますが、リウマチ熱ってご存知でしょうか?リウマチ熱は、溶連菌の汗腺によって、おこる、とても重い症状の病気の症状です。リウマチ熱が発症する年齢は5歳から15歳くらいに多いとも言われているのですが、大人でもなる人はいるようですね。


リウマチ熱の症状というのは、熱が出て、関節が痛んで、鼻血が出たり、お腹が痛くなったり、筋肉痛になったりします。普通の熱とリウマチ熱の違いをどのように区別するのかというと、リウマチ熱の症状などを検証して、あえばリウマチ熱と診断されるようです。


まだ私の周りではリウマチ熱になった人はいませんが、リウマチ熱にかからないようにするには、溶連菌に感染しないようにすることが大切みたいですね。リウマチの熱の症状のようなものが発症するのでリウマチ熱と呼ばれているようですが、お年寄りだけになると思っているリウマチでも、このリウマチ熱は、子供が対象になっていますから注意しないといけませんね。


リウマチはどんな病気

リウマチはどんな病気

 

リウマチという病気を聞いたことがありますか?リウマチは毎年患者数が増えているといわれていて、今全国では100万人近い人がリウマチを患っているといわれています。リウマチの症状の特徴としては、朝起きたときに、体がこわばっていたり、関節が腫れていたりします。リウマチの症状は段階によって段々ひどくなっていきます。


後期のひどくなったリウマチの痛みは、リウマチにかかったことのある人出しかわからないほど痛くて我慢が出来ないくらいだそうです。リウマチがひどくなると手や足が変形してしまう人もいるようで、辛そうです。


リウマチの原因はまだこれといって特定できるものがなく、自己免疫力が関係しているのではないかとは言われているものの、それもまだ決まったわけではないみたいです。お年寄りだけがリウマチにかかると思っていたのですが、ホルモンのバランスを崩したりした若い女性も若年性リウマチにかかる例が増えているみたいです。自己免疫力が低下しているときに発症しやすく、なかなか治りにくいのがリウマチの主な特徴です。